ちまたにあふれるFX商材の検証ブログです。良い教材に巡りあいたい

あふはなブログFX編

あふはなのFX観察

12月はあんまりトレードをしない方がイイよ

更新日:

こんにちは。あふはなです。

12月ですね~。今年も終わりです。

アナタの2015年のトレード成績はどうでしたか?僕は何とか前年比200%ちょっとと大幅にプラスで終わる事ができました。

ちなみにトレードは12月は基本的にはやらない方がいいです。

なぜなのか?まとめてみます。

スポンサーリンク

12月は不規則な日程

初心者トレーダーの場合、あまり気にしないのですが、12月は市場の開いている日時が不規則です。

クリスマス休暇があって年末年始があります。日本人はクリスマス休暇など全くなじみがないですが、欧米人はクリスマス休暇は当たり前の休みです。

25日クリスマスは日本の証券会社(外為オンライン)が開いていてトレードが出来たのが15時25分まででした。

特に今年は25日(金曜)クリスマス休暇、26日(土曜)市場休み、27日(日曜)市場休みとクリスマス休暇に土日の休みが重なったので特に不規則な感じでした。

ちなみに年末年始は31日(木曜)まで普段通りに市場が開いて1日が年始の休場2日、3日が土日としての休場が重なります。

12月は市場参加者が少ないので値が飛びやすい

欧米はクリスマス休暇が普通です。クリスマスは市場関係者だけではなくほとんどの仕事の人が休暇をとります。

みんな、仕事をしないんです。(羨ましい

なので、市場は参加者が少なくちょっとした事で値が上下します。機関投資家は12月にトレードして含み損を抱えるの当然嫌います。

年間目標を達成している投資家はトレードしないことが資産を守る道なので12月は長期休みをとります。

「12月にトレードをしているトレーダーはその年に負けているトレーダーだけ」

と言われています。

まとめ

12月にトレードをしても含み損を抱えて年を越す可能性が出てくるので税金とかの問題がないかぎりはトレードをしない方がいいです。

ポジションを持つと当然値動きが気になります。ある程度の利益を確保した年であれば、

「利益が出たから無理をしない」

とするのが自分の資産を減らさずにすむ合理的な考え方ですよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-あふはなのFX観察

Copyright© あふはなブログFX編 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.