ちまたにあふれるFX商材の検証ブログです。良い教材に巡りあいたい

あふはなブログFX編

あふはなのFX観察 心得は大切かも

FXで勝てなくなった時にやる4つの処方箋

更新日:

こんにちは。あふはなです。

今日は、FXで勝てなくなった時の私の対処方をシェアしておきます。この方法はあくまでも私のやり方なので責任はもちません。そして、勝てなくなったときの対処というのは総合的に対処していくものなので基礎が出来ていない人がまねをすると「損切り貧乏」になりかねないので注意してください。

基本的には連敗が続いて勝てなくなってもトータルでは利益が出るとわかってトレードをしているのであまりバタバタはしないので慌てたりはしません。けど、微調整はします。その微調整を書いています。

スポンサーリンク

トレード手法を変える

いきなり邪道かもしれませんが、連敗が続いてメンタルがやられそうな時は最初に手法自体を変えてしまします。具体的に言うと、デイトレでやっていて連敗が続けばスイングにする。逆にスイングをやっていて連敗が続けばデイトレにする。みたいな感じです。

「コロコロ手法を変えるのは負け組のパターンだろ」

こうやって言う人もいると思いますが、あくまでも目的は気分転換です。その変えた手法で利益が出ようと損切りになろうと全くきにしません。

私は連敗したときに自分のメンタルが壊れやすいことを知っていてそれを防ぎたいと考えています。本当は連敗しているときはスパッとトレードを休むのが王道だと思うのですがそれが出来ません。私は自分に相当甘い男です(笑)

スパッと休む前に気分転換的に手法を変える事で「イラっと」するのが相当押さえることができます。買っても負けても手法が変わることで客観的に自分のトレードを見ることができます。買っても負けても「ふ~ん。なるほどね」みたいな感じになります。

この手法を変えて勝ちトレードになれば気分がよくなってメンタルも戻っているので元々やっていた手法に戻します。あくまでトータル利益が目的なので1回の勝ち負けは気にしませんがメンタルコントロールを重視します。

手法を変えても負けトレードが続くようであれば次の手段に移ります。基本は2連敗でもう次の手段に移ります。

休む




私にはもともとポジポジ病がありました。今も根っこにはこの病気があります。なのでいきなりスパッとトレードを休むのは私にはハードルが高いです。手法を変えても連敗が続くときはようやく休みます。私の場合、この状態になったときにようやく諦めることが出来るみたいです。

休むことを視野に入れないといけなくなったときはなるべくであれば金曜日に連敗を持ってくるようにして休むようにしています。

そうすると土日に冷静になれるし、月曜日は動かないことが多いのでここも冷静に見ることができます。月曜日もエントリーがなく結局、土、日、月と休む日になることもよくあります。(土日は市場が空いていないというツッコミはナシで。あくでも気分的な休み日数です。

エントリーポイントを見直す

その休んでいる間にエントリーポイントを見直しすることにしています。知らず知らずのうちにどうしてもエントリーが早くなる傾向があるからです。フライングエントリーが多いのです。

例えばルールでは「一度ブレイクして押してからのエントリーポイントを絞り込むようにする」となっていたとしても押しの段階でエントリーしていたりします。(伝わるかな?)そういうエントリーが多いときは若干のポジポジ病が発生しています。そういうときのエントリーは刈られることが多いです。なので、自分がフライングをしていないか見直します。この作業が休んでいる間に行う作業で一番重要だと個人的には思っています。

レンジを再確認する

エントリーポイントを見直す時に同時に行うのがゾーンを見直します。基本的には利益を出すにはデイトレであれスイングであれ自分の見ているロウソク足から多少のトレンドに乗ってくれないと利確ができません。負けているときはレンジの幅と利確の予定ポイントのバランスがおかしかったりすることが多いです。

レンジ状態でエントリーしているのに自分的には「トレンドが発生している」みたいな感じで視野が狭くなって状況の把握が間違っているなんてこともよくあります。

理論的にもっともらしく書いていますがようは思い込みトレードになっているかどうかのチェックです。もっとわかりやすく書くと、自己中の欲ボケ思考になってレンジかトレンドかの判断が間違っていないかをチェックします。ほとんどの場合はここの認識も間違っていたりしてレンジ状態の高値付近でエントリーしていることもよくあります・・・

再開

以上のことをやってからトレードを再開します。私はとにかく初期の頃にポジポジ病に悩みました。それが原因で大損もしました。冷静になれれば、そして客観的になれればトータルで利益が出ることを知っています。

連敗の悔しさが自分の中から消えた状態でトレードを再開すればそこから多少損切り続いても平気です。なぜなら負け続けることもないからです。いつかは勝ちます。そしてデイトレであれば20回、スイングであれば10回トレードをすればトータルで利益が出ることを知っています。

イラッとさえしなければデイトレであれば20回、スイングであれば10回を1セットで考えること出来ます。その状態に戻れば私の処方箋は完了します。
-
この記事を読んで質問等があれば何でもどうぞ!答えられる範囲で24時間以内に返信させていただきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-あふはなのFX観察, 心得は大切かも

Copyright© あふはなブログFX編 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.