ちまたにあふれるFX商材の検証ブログです。良い教材に巡りあいたい

あふはなブログFX編

あふはなのFX観察

トレードする前に1番心がけることを記事にしてみる

投稿日:

97ec69435352899ebcf7900d959f70b0_s

こんにちは、あふはなです。

FXでトレードする上で普段は「損切り」とか「エントリーポイント」とか「利確」なんかを中心に考えているのですが、今日は「トレード前に心がけていること」を記事にしてみたいと思います。

勝ち組と負け組の大きな差の1つにトレード前に事前準備をしているかどうかがあると思います。

「何を今さら……」的な内容が多いと思いますが基本がやっぱり大事だと考えているので書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

PCを開く前に自分に言い聞かせる

FXってメンタルコントロールを凄く要求される世界です。「儲けたい」「次は負けを取り返してやる」「連敗なんか許さない」「そろそろ反転するはずだ」「もしかして、後ろで俺のポジションを誰か見てる?」的な感情がメラメラとわきおこってきます。それをコントロールして正しい行動を取れるかどうかが勝ち負けの分かれ道です。

なので、トレード前の事前準で1番大事なことは「自分のメンタルが壊れない環境作り」だと言い聞かせています。

具体的にはポジポジ病を防ぐことに全神経を集中しています。「儲けたい」「上手くトレードしたい」という欲求からチャートを表示した瞬間にロングかショートかをアタマの中で分析しはじめてしまう自分がいます。そんなポジりたい自分をコントロールすることが事前準備で最大の必要なことだったりします。

PCを開く前に「絶対に今回のチャート表示ではポジションを持つな!!!!!!!!!!」と自分に言い聞かせます。もう洗脳レベルで何度も何度も自分に言い聞かせます(笑 実際に口に出して自分に言い聞かせます(笑

単純ですが、本気で大事だと思っています。元々僕はポジポジ病があります。その独りよがりで持ったポジションでメンタルが壊れたことが何度ある……なので、本当にチャートが理想形になるまでポジションを持たないようにしないといけません。

大体、パッとチャートを表示させた瞬間に自分に都合のいい形になっていることなんてほとんど無いのが普通です。(当たり前のことなんですが、どうしても自分がチャートを攻略しようと都合のいい自己解釈で分析してしまいます。)

とにかく、ポジポジ病を直せばFXの勝率って上がります。……ていうか、少しマシになります。変な意味のないポジションが減れば冷静に利確、損切りが出来るので利益は大きくなるし、損害の場合は小さくなります。

いきなりポジションを持つことはない

スイングトレードの場合は4時間足を使うことが圧倒的に多いのですが、チャートを開いた瞬間に理想の形になっていて、いきなりポジションを持つことって1ヶ月に1回もないです。実際、4時間足でいきなり理想形の形になっていたとしても、1時間足などで細かいエントリータイミングを計る必要があります。なので、結果としていきなりポジションを持つことはありません。

自分が負け組のころは圧倒的にチャートを開いた瞬間にポジションを持つことが多かったです。もちろん勝ちトレードになることもありましたが、ポジった瞬間に即反対方向に動いて秒単位で損切りラインにかかったときなどは、「ゆ・ゆ・ゆるさん……」的な感情が湧いてきそ即適当にポジションを取っていました。

さらに連敗、またポジる……損切り……の酷いトレードを何度したことか……

このブログでは損切りのことを繰り返し記事にしていますが、損切りが出来ないときの半分以上は連敗でメンタルが壊れたときです。なので負けトレードになるときは自分が納得して心穏やかに負けてくれないとダメなんです。

強引な自己解釈でチャートを分析して無理やりポジったトレードが秒単位、分単位で負けトレードになるとメンタルが一気に壊れるので注意が必要です。

そんな、負の歴史の繰り返しにより、今ではPCを立ち上げた瞬間にポジションを持つことはほとんどありません。(いや……無いと言い切ってもいいかも。)

チャートの形が出来るまで待つのが仕事

トレードする上でよく言われることですが、プロのトレーダーは「チャートが自分の形になるまで待つのが仕事」です。1日中、チャートを観察していたのにノーポジで終わることもザラです。

勝ち組と負け組では圧倒的にノーポジの日の数が違います。負け組はとにかくトレード回数が多いんです。年中ポジションを持っています。そんなの勝てるワケがないのに……。

特にポジった初期って利が乗るまでに一瞬のノイズでよく狩られます。ある程度、利が乗ると損切りまで幅が出来るので少々の動きでは損切りにならないのですが、ポジった初期は少しの動きで損切りラインにかかってしまいます。このノイズのことを理解していない初心者が多すぎます。

「自分のポジションを狩った瞬間に利益方向に動きやがった……ゆるさん、取り返す」みたいなことになりますが、ポジった瞬間は1番損切りになりやすいのです。

本当に納得して心穏やかに損切りをするには「自分の形でエントリーして自分の形で損切りをする」以外にありません。だからこそ「待つ」ということが出来るかどうかは大事なことなんです。

「待つ」という行為は真剣に勝ちたいと思っている初心者にはもの凄~~~~~~~~~くハードルが高くムズカシイことです。一生懸命だからこそ、チャートを攻略したと思うし、分析しようと思ってしまいますからね。

それでも「自分の形になるまで待ってみる」を意識してください。FXで勝つには本当にそれが大事なんです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-あふはなのFX観察

Copyright© あふはなブログFX編 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.