ちまたにあふれるFX商材の検証ブログです。良い教材に巡りあいたい

あふはなブログFX編

あふはなのFX観察 心得は大切かも

負けを抑えると利益が増える

投稿日:

こんにちは。あふはなです。

負けている負け組トレーダーは「如何に勝つか?」よりも「如何に損失を抑えていくか?」という事を考えるべきだと思っています。

その「如何に損失を抑えていくか」ということの1つがこのブログでよく取り上げている「損切り」だと思います。損切りは利益を出す上で欠かせない技術です。(参考記事 FXで損切りしてるのに勝てない人の原因を考えてみた )

ただし、損切りだけをしていても「損切り貧乏」という罠があります。

損切りをきちんとしていても損切りが続いて勝率がとんでもないことになる・・・・

よくある現象です。

結局「損切りしたら負けるじゃん・・・」みたいなループになるトレーダーも多いと思います。

で、このループから逃れるために必要なのが

「トレードしないルール」

だと思います。

スポンサーリンク

トレードをしないとは?

よく質問されるのですが、なぜ同じ手法を使用しているのに損益に差がでるのでしょうか?

もっと言うと同じ手法を使用しているのになぜ、勝ち組トレーダーと負け組トレーダーに別れるのでしょうか?私はこのことがどうしても知りたかったのです。

よくあるパターンなのですが負け組トレーダーは「勝ちたい」ので勝つためにエントリーポイントばかり探しています。「如何に勝つか?」という思考ですよね。

勝つということは一生懸命考えるのですが負けるということはあまり考えません。

まぁ、負けるのはイヤですから負けることなんて考えたくないですよね・・・。でもリスクを取ってトレードをする以上損切りの技術だけでは損失を抑えきれないのです。

自分の手法のチャートパターンではあるけれど、微妙にマイナス要因がいくつかある場合にトレードを見送る事ができるかどうか!手法に対する精度というか確度というかそんな感じのものの強さによっては自分の手法のチャートパターンではあっても「見送り」という選択肢もありえるのではないでしょうか?

その精度とか確度によって見送る力があるからこそ負けトレードを減らすことができるのではないのかなと・・・・。

その負けトレードを減らす事が出来る技術が「トレードをしない」ということであり、同じ手法を使っても勝ち組と負け組に別れるのかなと思います。

トレードをしないパターンとは?

どんな時にトレードをしないほうがいいのかを考えてみました。

ただしメンタル関係を考えてしまうとゴチャゴチャになってしまうので今回はチャートパターンの観点からトレードをしないということを考えてみます。

ボラが小さいとき
自分がエントリーしたい方向に重要なチャートポイントがある場合

私はチャートを見るときに真っ先に見るのがボラティリティです。ボラが小さいと差益で稼ぐFXではトレードをしても利益になりません。そして突発的に動く値動きに非常にイラッとします。

基本的にボラが小さいときはレンジなのでどっちに動くかわからないです。

トレードはチャートポイントを明確に超えた時だと思っているのですがボラが小さいと気がついたら反対方向に動いたということが簡単に起きます。

それと自分が買いエントリーした場合に真上にチャートポイントがある場合もエントリーを様子見するべきです。直近高値とかレジスタンスとか節目のレートがある場合です。

レジスタンスや節目のレートではもみ合いになることがメチャクチャ多いです。もみ合った結果として反対方向に動くことなんてザラです。なので、自分のエントリーポイントになってもその真上にレジスタンスや節目のレートがある場合はそこのラインでの動きをみてから入らないと簡単に損切りになります。売り目線の場合も同様です。

他にも極端に乱高下しているときや損切りポイントが極端に深くなる場合なんかもトレードをしないで様子を見る方がいいです。もっともっと他にもありますが長くなるのでこの辺で・・・。

まとめ

損切りをきちんとしているのに利益が出ない人は損切り貧乏になっているわけなので、如何に負けを抑えるかという考えは大事だと思います。

家計でいう無駄な買い物はしないということと同じですね。

私は今でも比較的ポジポジ病なところがありますが常識的なトレード数まで落ち着きました。でも負け組時代にトレードをしたくてしたくてたまらなかった時期があります。

「トレードしないと勝ちトレードが生まれないだろ」

って真剣に思っていた時期があります。でもトレードをすればするほど負けるのです・・・。

「勝ちたいからトレードをする。その結果として負けトレードばかりになって損切り貧乏になる」って皮肉な結果ですよね。

自分のチャートパターンになってもその精度を追求してみると少しだけ損失が抑えれることに気がつくと思います。

負け組トレーダーは勝つことばかり追求している気がします。負ける事が極端に下手な気がします。

負けを抑える技術は勝つ技術とは違いますが「利益を出すための技術」ではあると思うので少し研究してみてもいいかもしれませんよ。
-
この記事を読んで質問等があれば何でもどうぞ!答えられる範囲で24時間以内に返信させていただきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-あふはなのFX観察, 心得は大切かも

Copyright© あふはなブログFX編 , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.